エル(訪問介護サービスセンター)

利用者様との出会いを通して、
自分が必要とされる喜びを実感。

サービス提供責任者 I . I

高校の福祉科を卒業し、介護福祉士の資格を取得。特養に4年半務めた後、結婚・転居を機に退職。有料老人ホームやサ高住などでパートで働きつつ、夫の自営業を手伝う。2017年にパートで訪問介護サービスセンターエルに入職。その3ヶ月後よりサービス提供責任者。

祖父の介護を見て、自分なりにできることをしたいと思うようになった。

子供の頃祖父が倒れて、要介護の状態で入退院を繰り返していました。介護はいずれ誰にでも起こることですし、自分なりにできることをしたい。そう感じて、福祉科のある高校へ進みました。専門的に学べて、早期に資格もとれたので、卒業後すぐに介護の世界に入りました。
現在サービス提供責任者は私を含めて4名、ヘルパーは20名ほどで、1日に多い方で5、6軒の利用者様宅を訪問しています。サービス提供責任者の仕事は、ケアマネジャーとの連絡やヘルパーとのスケジュール調整、事務的な記録物の処理などです。
ケアマネジャー、訪問介護、デイサービスなどのスタッフが集まって、利用者様一人ひとりに対して今後の計画を話し合う担当者会議にも出席しています。直接、利用者様のお宅にお伺いしてサービスを提供するだけではなく、この方には何が必要か、目的と責任を持って対処していくことが重要になります。
 
 

利用者様からいただく感謝の言葉で、自分の介在価値に自信を持てるようになった。

昔から体力に自信がなかったのですが、介護の仕事を始めてみたら、意外と体を使った仕事ができたので、良い意味での驚きでした。人とコミュニケーションを取るのも苦手なタイプだったのですが、人生経験豊富な方々から貴重なお話を伺ううちに、自分の考え方も広く深く変わってきたと感じています。
以前の私は「自分はここにいてもいいのだろうか?」という思いがあり、あまり自分に自信が持てませんでした。訪問介護の仕事では利用者様のご自宅で、掃除など日常のお手伝いをすることがほとんどですが、それでも人生の大先輩である方々に「ありがとうね」「助かるわ」と感謝の言葉をかけていただくことで、自分の存在価値を実感できるようになりました。家族や友人、協力してくれる方々に対しても、何気ないことでも感謝することの大切さを再認識させられ、同時に今は「自分はここにいていいんだ」と思えるようになりました。

 

子育てに優しいグループ内保育所と、家族を優先させてくれる会社に感謝。

私は3人の子供がおり、吉田病院の看護師さんが利用している保育所に子供を預けています。学校の行事がある時などは早目に上がらせていただいたり、午後から出勤の時は、仕事の時間に合わせて連れて行けるなど、勤務やプライベートに応じて柔軟に対応して頂けるので、とても助かっています。
子供が急に熱を出した時も、サービスが終わり次第早退させていただくなど、会社にも柔軟に対応していただいています。ヘルパーさんの中には主婦の方も多く、家族の急変時などは、お互いにフォローし合って対処する体制があります。なるべく仕事と家族との時間を両立したいので、サービス提供責任者になった今でも、フルタイムではなくパートで働いています。多様な働き方を認めてくれる会社にもとても感謝しています。

 

人との出会いを通して、自分自身が成長できる仕事です。

訪問介護はマンツーマンなので、以前働いていた施設とは違ったやりがいがあります。トラブルがあった時は自分で対処しなければいけないので、大変なこともある反面、自分が鍛えられる場面も多く、それは成長につながっていると実感しています。利用者様との出会いも、楽しみの一つです。最初は緊張しましたが、利用者様から話しかけてくださるケースも多く、自分が必要とされていると感じられて、嬉しく思いました。
訪問介護は初めてのチャレンジでしたが、人との出会いで成長できる仕事だと思います。不安に思っている方にも安心して応募していただきたいと思います。わからないことは先輩方が丁寧に指導しますので、何でも聞いてください!
 

交通アクセス

〒464-0854
愛知県 名古屋市千種区大久手町 5-19

電車:地下鉄桜通線 吹上駅1番出口より徒歩5分
バス:市バス 大久手より徒歩1分

お電話でのお問い合わせ

052-745-1606

採用担当